下肢静脈瘤の症状および改善方法と病院受診の際の検査・治療について

下肢静脈瘤という病気には次のような症状があります。
足がだるい・痛い・重い・むくむ、寝ている時に足がつる、血管がボコボコ膨れる、血管が浮き出て見える、静脈に沿って炎症を起こしやすい、皮膚の色素沈着などです。

足には、弁があることで、血液は下から上への一方通行の流れになっていますが、その弁が正常に働かないと
血液は逆流し、足の下の方に血液は溜まり、その結果静脈は膨れて、静脈瘤が出来てしまうのです。

下肢静脈瘤は、男性より女性に多く、なかでも妊娠・出産をきっかけに発症することが多いと言われ、長時間の立ち仕事をされる方や肥満・高血圧・糖尿病の方にも注意が必要です。

症状が現れたら、日常生活で次のようなことを心がけるとよいでしょう。
長時間の立ち仕事をされる方は、1時間に5分から10分、心臓より足を高くして休憩されることを勧めますが無理な場合は、その場での足踏みや歩き回るのも良いでしょう。
夜休む際は、クッションなどで足を高くして休むとよいでしょう。
静脈瘤のある足は、些細な傷や虫刺されなどで色素沈着や潰瘍を引き起こしやすくなりますのでできるだけ清潔に保ちましょう。

下肢静脈瘤は、直接命に関わるような深刻な病気ではありませんが、同時に、放っておいても治る病気でもありません。日々の苦痛から解放されたい、足を出してスカートを履きたいなどの悩みをお抱えの方は病院での受診をお勧めします。
その際、血管外科や皮膚科を受診するとよいでしょう。

検査方法にはドプラ検査・超音波検査・下肢静脈造影などがあります。
ドプラ検査とは、皮膚の上から、超音波を当てて、血液の流れる音の大きさや長さで血液の逆流を調べるものです。簡単で痛みのない検査です。
超音波検査は、超音波を当て、血液の方向を観察したり、血管の大きさや走行・逆流の有無を調べる検査です。これも簡単で痛みはありません。
下肢静脈造影は、足の甲の静脈から、造影剤を注入しレントゲンで撮影します。下肢の静脈を正確に撮影します。

検査後、それぞれに合った治療法を選びます。
大きく3つに分けられ、日常の生活の中で続けられ、低価格がメリットの弾性ストッキング。これは、医療用の弾性ストッキングを履くことで、適度な圧力をかけ、余分な血液が溜まるのを防ぐものです。
硬化療法は、硬化剤を注射し、弾性包帯で圧迫し、血管をつぶしてしまう治療法で、施術が短時間で原則的に日帰りできるのがメリットです。
下肢静脈瘤の根治的な手術としては、ストリッピング手術です。弁不全を起こしている静脈を引きぬいてしまう方法です。
治療法は、症状や患者さんの希望によって変わりますが、苦痛から解放され快適な生活を望まれる方は、一度病院を受診されることをお勧めします。