下肢静脈瘤の予防には静脈瘤の部分を圧迫をするという方法が行われます

特に女性に起こりやすいと下肢静脈瘤は2人に1人が発症している言われてるくらい誰にでも起こり得る病気です。下肢の血管にある静脈弁という血液の逆流を防ぐ部分が壊れて血行が悪くなってしまう病気です。足がむくみやすくなったり、血管が皮膚に浮き出てしまったりしまいます。だるさや疲労を感じてしまうこともあります。
この病気の発症を予防するためには日常生活を過ごしていく中で注意をしていかなければならないことがあります。

まずは長時間に渡って立ったままでいることを控えることでしょう。ずっと立っていると足にむくみを感じる人も多いと思います。立っていなければならない状況であっても、ストレッチ運動や階段の昇降をしてみたりなどをして、足を動かして血行を促すことが大切です。
睡眠時の姿勢にも予防する方法があります。足を高い位置に起き睡眠の姿勢を取ります。こうすることで足の血行が良くなり、下肢静脈瘤の予防となるのです。

ファッションでも気を付けるポイントがあります。きつい下着を着用する事にも注意が必要です。
締め付けすぎると血行が悪くなりがちなので、ガードルなどの下着の着用は控えるようにして、なるべくゆとりのある、締め付け感の少ない下着を選ぶと良いでしょう。

但し、締め付けるタイプの弾圧ストッキングは下肢静脈瘤の予防をすることが可能です。患部を圧迫することによって症状の改善をしていくものです。
医療用の弾性ストッキングもあります。弾圧ストッキングには、パンティストッキング、ストッキング、ハイソックスのタイプがありますので、下肢静脈瘤の症状によってより効果的なタイプを選択し、使用をします。
弾性ストッキングには各サイズがあるので、自分のサイズに合ったしっかりと圧迫ができるものを選んで使用をします。
ストッキングは医療用のタイプは高価なものもありますが、病院だけではなく医療用ではないタイプであれば、手頃な価格で一般的なショップでも手に入ります。インターネットからであれば、その商品の購入者の使用感の感想なども調べることができるので、そういったものを参考にして試してみるのもいいかもしれません。

それ以外には、弾性ストッキングではなく包帯などを用いて静脈瘤の部分を圧迫をして治療に使用することもあります。

いずれにしても、病院での診察とアドバイスを受けた上で実行することが、より良い効果を得ることができるので、専門の病院に行ってみると良いでしょう。血管外科、外科、皮膚科で治療が可能です。