最近話題となっている下肢静脈瘤と気になるその治療方法について

下肢静脈瘤とは下肢の静脈が何らかの原因で拡がり血液が逆流することによって滞る疾患です。この病気にかかるとむくみや足がつる、静脈が張って痛いなど症状が起こり他にも足がだるい、湿疹が治らない、色素沈着や潰瘍ができるといった症状まで起こります。さらに静脈瘤」の部分が赤く腫れ上がる血栓性静脈炎も起こります。この下肢静脈瘤の主な原因は静脈にある血液の逆流を防ぐ働きのある弁が妊娠・出産、立ち仕事など弁に負担がかかることによって弁が壊れるということが原因となります。このようなことから血液が逆流し流れが滞ってしまい静脈が太くなり蛇行するような静脈瘤となるのです。下肢には深いところを流れる深部静脈と表面を流れる表在静脈がありたくさんの表在静脈から深部静脈に向かって血液が流れる構造をしています。しかし、静脈瘤の場合は表在静脈の一部が弁が壊れて逆流します。特に壊れやすいとされているのがくるぶしから足の付け根まで流れる大伏在静脈とかかとから膝裏まで流れる小伏在静脈です。両方ともその枝の部分には表面に近くこの部分によって気づきますが、幹となる部分は皮膚の深い部分を通っているのでこちらに異常があるという場合があり、このことから枝と幹の両方に注意が必要なのです。
この厄介な下肢静脈瘤には治療方法が数種類あり患者の状態によって分かれます。軽度な場合弾性ストッキングや高位結紮と硬化療法による方法があり、重度の場合はストリッピング手術やレーザー治療といった方法があります。弾性ストッキングによる方法は弾性ストッキングをはくことで下肢全体を圧迫し逆流を止めることで症状の改善や静脈瘤の進行を遅くするといった効果があり、手術を希望しない人にも適用されます。高位結紮と硬化療法ではまず幹の部分は高位結紮により足の付け根、膝辺りを切開し静脈を結紮、そして枝の部分は薬剤を使い静脈を詰まらせる効果療法を行います。ストリッピング手術は局所麻酔で伏在静脈を抜去して枝も皮膚切開で切除します。この方法は傷跡が残りますが完治が早く日帰りで帰れさらに再発の可能性も低くなります。レーザー治療はレーザーが出るカテーテルで伏在静脈に挿入して焼き、閉じます。この方法は高度なものはできませんが切開をせずに済み伏在神経障害も少なくて済みます。様々な方法がありますが、共通して言えることはそれぞれの方法を比較して自分に合った方法にすることが大切だということです。