洗いすぎの頭皮は湯シャンプーで洗え!

スーパーに行けば、除菌・消毒を謳った商品がたくさんあります。海外からきた外国人は口をそろえて日本はきれい・清潔と驚きにも似た顔で日本の素晴らしさを語っている映像を見ました。私もきれい好きなので、その映像を見たときはうれしかったです。でも、顔・体・頭皮の必要以上の洗いすぎはあまりよくないのかもしれません。最近は湯シャンというものがあります。読んで字のごとく、お湯だけでシャンプー(洗う)をすることです。初めはべとついたり、匂いも気になったりしますがそこを乗り越えれば髪には艶がよみがえり、ハリやコシも出てきます。肌にはもともと洗浄機能がついています。自然に出てくる、皮脂も洗浄効果によるものでもあります。それを過剰に取ってしまうと、トラブルが出てきてしまいます。シャンプーは週に2~3回にして湯シャンをしてみると、意外といい感じです。

頭皮に合うシャンプーを選ぶ重要性

これまでシャンプーについて深く考えることはありませんでした。なぜならどれを使用しても同じだと思っていたからです。ですからスーパーやドラッグストアで販売されている中でとにかく安い物を購入し、使用していました。しかしある日、これまで使用したことが無く、大変安かった物を使用したところ、頭皮が痒くなってしまったのです。これはこれまでに感じたことがないトラブルでした。しかし勿体無いので使用を続けてみると、痒みは一向に改善しません。仕方なく別のシャンプーを使用してみると、痒みはかなり落ち着きました。この出来事から、頭皮は大変デリケートな部分だと分かりました。合わない物を使用すると痒みや吹き出物が生じてしまうのです。これを理解してからは、自分の頭皮に合うシャンプーを探すようになり、今は大変良い状態となっています。

やさしくシャンプーする事で頭皮トラブルとさよなら

シャンプーはやり仕方によっては頭皮トラブルを起こしてしまいます。私も以前はゴシゴシと一生懸命洗いすぎた為、傷になり湿疹が出たことがあります。また季節の変わり目は乾燥してフケが出やすく髪の毛も抜けやすいですね。そんな頭皮トラブルを出来るだけ回避するのがやり方ではないでしょうか。私は髪を洗う前に少しブラッシングします。いきなりシャワーを浴びて手櫛をすると髪の毛が抜けやすいからです。ぬるめのお湯で髪の毛の汚れを落としてから、しっかり泡立てたシャンプーで頭皮をマッサージするようにやさしく洗います。しっかり洗い流してから、もう一度同じようにします。2度目は1度目より少し強い感じでマッサージするようにします。美容院に行った時、シャンプーしてもらいますよね。その時にやり方を覚えて実践するようにしています。髪の毛を大事にして長く一緒にいたいですね。